seekers04.pngseekers05.pngseekers06.pngseekers07.pngseekers08.pngseekers01.pngseekers02.pngseekers03.pngseekers09.png

シーカーズ何ですか?

教会にとって子供たちは宝物です。教会では、日曜日に幼稚園生、小学生、中学生を中心に、子どもたちと一緒に聖書のみ言葉を聴き、学び、祈り、賛美を捧げます。この教会学校で聞いた聖書のことばは、いつまでも心に残り、やがて大きく実を結ぶのです。これとは別に、小中学生が平日に教会に集まり、皆でワイワイガヤガヤと好きな事をやっている集いがあり、シーカーズ(Seekersと呼んでいます。これは、探求者たち、イエスさまを捜すという意味です。きっかけは、小中学生のお母さんが、子供たちのために教会で楽しく遊ばせたらいいだろうなと思い、知り合いのお母さんにも声をかけて始めたところ、その輪が広がりました。子供たちのお母さん方も、喜んで送って下さっています。

いつ集まるの?

こうして、毎週金曜日の午後4時半から6時まで集まることになりました。子供たちは、学校が終わり家に帰ってカバンを置き、急いで教会に集まります。なんと、子供たちはスマホを持ってくるのです。午後4時半と言いながらも、今では1時間も前から集まり、ワイワイガヤガヤ各人が好きな事をして遊んでいます。時間が来れば、少しだけ真面目タイムになってもらい、賛美と祈りと聖書のお話をしてー。スマホでゲームをやりながら話しを聞いている子供もいますが、そこは自由でOK!「先生!そんなの信じられない!」と言っても、それもうまく受け入れながら進行です。

自由で安全安心!

今日の子供たちを取り巻く問題は、「いじめ」「不登校」「自殺」「虐待」など深刻です。言葉は荒れていて、子供達には子どもたちの戦いがあります。家庭、学校では勉強、そして塾でまた様々なお稽古ごとをする中で、子どもたちは色々と傷ついています。私たちの子供の頃は、自由に遊びまくり、自由にのびのびと遊ぶ時期は、そのようにさせるのが子供の成長には一番です。毎週そのように過ごし、クリスマス、バーベキューなどの行事を子どもたちと大人がいっしょに作り上げ、生き生きと遊び学びながら良い友だちが出来ればと願います。教会学校の先生が見守りながらやっていますので、安全安心な居場所です。

20196月 小坂圭吾)












201805_018.JPG

礼拝用の聖書は何?

日本の教会(プロテスタント)の礼拝では、口語訳聖書、新改訳聖書あるいは新共同訳聖書が用いられています。現代訳聖書が刊行(1983年)されて、私たち聖書キリスト教会の信徒の皆さんは、個人デボーションで、現代訳聖書を使い始めました。しばらくして、ある教会が、「現代訳聖書」を礼拝で使い始め、聖書キリスト教会でも、礼拝でも“現代訳聖書”に切り替えました。それは、尾山令仁先生が訳されたこと以上に、読んで分かる聖書だからです。

先日、始めて礼拝に来られた方が、「現代訳聖書」を持参して来られました。「読むには、これがわかりやすくていいですね。」と言っておられました。“現代訳聖書を一人でも多くの日本人に届けたい”と願っている私たちの教会としては、とてもうれしいことです。(なお、聖書は持参されなくても大丈夫です。)

読みやすい、分かり易い

「現代訳聖書」は、読まれた方はご存知ですが、“読みやすく、読むだけで分かる聖書”です。一般に「聖書は、わかりにくい!」との思いがありますが、「現代訳聖書」を読みますと、一目瞭然、分かりにくい箇所が、はっきりと意味が通じるのです。それは、「現代訳聖書」が「原語に忠実」と言う翻訳原則ではなく、歴史、社会、文化の違いを考慮に入れて、「原文の意味に忠実」に訳すという原則で翻訳されているからです。

「原語に忠実」に訳したのではわからない所を「原文の意味に忠実」に訳すので、分かりやすさでは比べようもありません。英訳聖書は15種類以上の聖書があり、その大多数が“原文の意味に忠実”に訳されていますが、このことは、英語圏において「分かりやすい翻訳」が市民権を得ていることを示しているのです。

礼拝メッセージの分かち合い

少し横道にそれましたが、分かりやすい翻訳の聖書を用い、分かりやすいメッセージが語られます。昼食が終わり、さらに残りたい方は、“礼拝メッセージの分かち合いクラス“というスモールグループの交わりがあります。その日の礼拝メッセージ(講解説教)から質問が用意されていて、その質問に答えながら、学びを深めかつ信仰の分かち合いをしていくものです。

質問に対しては、解答だけでなく、それに関してその人の持っている問題意識や悩み等も出されます。それを聞くことが、とても参考になる、爆笑になることもあります。一人一人違う受け止め方も聞くことが出来、人柄が映し出されて、スモールグループならでの交わりです。

(2018年10月 小坂圭吾)